配偶者特別控除の「141万円の壁」は?

主婦が働く時に、必ず考えるのが世帯収入での損得のライン。以前の記事『主婦のパート「扶養内がお得」は本当?』や『「103万円の壁」どうして103万円なの?』のように、年収103万円以内で働くというのが、一般的な考え方でした。その他にも、社会保険の扶養である年収130万円というのも一つのポイントでした。この「130万円の壁」ですが、一部の人には「106万円の壁」に引き下げられることになっています。こんなにたくさんある壁ですが、その他にも「141万円の壁」があります。「103万円の壁」は、主婦などがパートなどの給与年収103万円以内で働いたら、①:自分自身が所得税を払わなくていい、②:夫の所得税の計算時、配偶者控除が受けられる、というものでした。 自分自身のパート収入を得ながらも、税金面では専業主婦と同じような優遇を受けられるのが「年収103万円」以下なのです。ここで、「配偶者控除」について詳しくみてみましょう。 配偶者控除は、年間の合計所得金額が38万円以下で、生計を同じにしている配偶者がいる場合は、所得税の計算をするときに、所得から控除(38万円)を行なうというものです。たとえば妻が年間の所得が38万円以下なら、夫の税金を安くしようというのが「配偶者控除」です。所得が給与の場合は、給与所得控除額(経費に相当するもの)が65万円ありますので、38万円に65万円を足した103万円がボーダーラインとなります。妻の所得が給与の場合は、年収で103万円以下であれば、夫に配偶者控除が適用できるということです。夫の所得税の税率が20%の場合(課税される所得金額が330万円を超え695万円以下)、夫の所得税額が7万6000円(38万×0.2)減るということです。この「配偶者控除」のラインを超えてしまっても、段階的に控除をしていきましょうという制度があります。これが「配偶者特別控除」です。配偶者特別控除は、年間の合計所得金額が38万円を超えて「配偶者控除」が受けられなかったとしても、所得が76万円未満であれば、控除を受けられるというものです。 この「年間所得76万円」というのも、主婦が働く一つのボーダーラインになるわけです。年間所得76万円ということは、給与所得控除額の65万円を足して、年間収入141万円、これが「141万円の壁」と呼ばれるものです。この「配偶者特別控除」は、配偶者控除とは少し違い、利用するには注意が必要です。プロミスの審査について

お金が足りない、生活がやばいです。

群馬県に住む66歳の男性です。
生活費が足りなくて苦心しています。
それというのがもらっている年金が少ないから。
大学を卒業してサラリーマンになりましたが
数年で体調をくずし、退職して帰郷。
働けない期間が長くありました。
結局、長年サラリーマンを続けてきた方と比べて
受給金額が極端に少ないのです。
厚生年金と国民年金をもらっている方は
月に平均15万円程度もらっているようです。
私も短期間ですが勤めていた時期があるので
一応厚生年金とプラス国民年金となります。
しかし働けない間、国民年金保険料を全額免除に
してもらっていたことも多くありました。
従って国民年金のみの方とくらべて同程度の月に6万円ほどの受給。
普段の生活で電気代や水道代などの経費が35000円ほどかかります。
差引25000円程度で1か月を暮さなければならないのです。
出費の多くは食料品でレジャーを楽しむなどのお金の余裕はありません。
節約を強いられている毎日です。
仕事の方は身体の悪いところを抱えていることもあって
パソコンを使ってのビジネスに取り組んでいます。
これで2万円でも3万円でも稼げればかなり楽になるのですが、
甘くはなく、ほとんど稼げていません。
いつの日か稼げるようにと日々頑張ってはいます。
こんな私の日常。
お金が足りなくて毎月悩んでいて生活がやばいです。

hexis(ヘクシス)の口コミはホント?ダイエット効果ある?

私が貯金に成功した方法

いつも金欠に苦しんでいた私は、友人からの話を聞いて、毎月の貯金に本格的に挑むことにしました。初めは貰った給料の中から一部を「タンス預金」で貯金していたのですが、いつもお金が足りなくなるとそこから出してしまう癖が新たに付いてしまい、全く貯金になりません。次に私がとった方法は「新しく貯金専用の口座を開く」ことでした。毎月の給料からそこへATMで入金するようにしました。しかし、この方法も長くは続きません。やっぱりお金が足りなくなると、口座から引き出してしまっていたのです。最後に私がとった方法は「投資口座を開いて毎月積立投信をする」事でした。一度投資口座に入金をしてしまえば、一定の手続きをしなければ現金にならず、面倒くさがりや私だと、その手続きの為にお金を戻すことをしなくなったのです。しかも、積立投信なら指定口座から自動的に毎月お金が移動しますので、いちいちATMへ行く必要もありません。振替口座を給料の受取口座にしておくと、自動的にお金が差し引かれ、投資に回されるわけです。さらに、ここ最近は非常に低金利で、普通口座に預けているより投資信託に任せておいた方が利率も良く、ただの貯金より大幅に有利なのです。この方法をとったお陰で、現在はかなり懐の余裕が出来るようになりました。味を占めて投資にのめり込まないか心配なくらいですが、これからも将来の為、貯金を頑張っていこうと思います。http://cashing-college.net/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%9F%E3%82%B9/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%9F%E3%82%B9%E5%AF%A9%E6%9F%BB%E7%94%98%E3%81%84.html