お金がいくらあれば生活できるのか考えています

ビジネスマン一生も上数年で一応一区切りになることから、今後の生活にお金がいくらあれば必要なのか考え始めています。いままでは定期的に給与が振り込まれていたのでそれにあわせて生活費を捻出すればよかったのですが、仮に富が白紙になれば備蓄を崩すしかありません。
年金もフルにもらうためには65年代まで待つ必要があり、60年代からの5通年をどうやりくりするのかが当面の厄介になります。会社では再採用枠組みもあるので給与は減りますが、一定の金額は確保できます。ただい体力的な現状と業務を続けたいという気持ちが果たしてあるのかが重要につながる。
退社の頃には坊やも社会人になっている日程なので、学資は必要ないので少し楽にはなります。
奥様は働き続けてほしいみたいですが、動くには富を必要とする理由がないと熱意がわいてきません。もともと普段から自分のお小遣いはひと月3万円あればガソリン代や交通費含めて賄える値段です。ケチといわれるほどお金を使うことを練るパーソナリティーなのでパーソンと比べても返済していないと思っています。
奥様もラグジュアリーをしないタイプなので、そこそこの生活費があれば最適気もしていますが、わが家にいてごろごろしていても退屈をもてあましてしまうほうが危険です。
退社まで数年あるので気長に考えようとしています。スレンダーマッチョプラス口コミは嘘?筋肉Tシャツマッスル効果は?